ガスコンロ掃除の方法

私は掃除が大好きで、この汚れを効率良くかつ気持ちよく落とすにはどうしたらいいだろうかと日々考えています。

今日は、コンロの掃除をしたので、コンロの油汚れ掃除について考えてみたいと思います。

 

まず、コンロの汚れは何かというと、油汚れ(酸性&物理汚れ)と、焦げ付き(酸性&物理汚れ)です。

なので、これを落とすには、アルカリ性のもの(アルカリ性合成洗剤重曹電解水クリーナー)、対物理汚れアイテム(メラミンスポンジ、アクリルたわし、キッチンペーパー、重曹)が必要となります。

セスキ炭酸ソーダも油汚れを落とすのに適していますが、しばらく使用してみて、汚れがひどい場合はアルカリ系合成洗剤を使用した方が良く、汚れが軽い場合は電解水クリーナーで対応できるで必要ないかなと感じました。ただし、セスキ炭酸ソーダは酸性の汚れ落しにかなり適しているので、相性が良い人は使ってみる価値ありだと思います。

 

今日は、自宅ではない油汚れの蓄積したコンロを掃除したのですが、やはり油汚れがひどい場合は、

アルカリ性合成洗剤つけおき+メラミンスポンジ

の組み合わせがいいと思いました。

ただし、アルカリ性合成洗剤の注意点があります。

コンロに貼られている注意書きのシールがありますが、シールの接着や印刷の文字が溶けてしまうことがあります。

なので、シールの部分は、つけおき禁止です。

アルカリ性合成洗剤をかけて(もしくはつけおき)しばらく放置しても汚れが落ちない場合は、洗剤液の温度をあげると良いです。

焦げ付きは、最初は落ちにくくても、メラミンスポンジで丁寧にこすっていけば落ちます。

 

実は、私はコンロの掃除に慣れていません。それは、今住んでいる家のキッチンは、IHだからです。

IHは、本当にお手入れ簡単なので、アルカリ性洗剤の出番はありません。

以前住んでいた家は、ガスコンロでしたが、あまり汚れがひどくならないうちに、トッププレートは電解水クリーナーをスプレーして拭き取る、五徳は食器洗いの中性洗剤で洗って焦げ付きをメラミンスポンジでとるで十分きれいに保てていました。

しかし、油汚れが蓄積していると、やはり中性洗剤では落ちないし、電解水クリーナーでも汚れが白く固まる感じになってうまく落とせません。

汚れの状態を見極めて、それに合った掃除方法を選択することが大切だと実感します。

軽い汚れに、強い洗剤は必要ないし、強い研磨などの物理攻撃も必要ありません。

でも、ひどい汚れは中性洗剤では落ちないので、掃除っておもしろいなと思います。