30代になって前髪なしにしてみて気づいたこと

前髪ありかなしか…これはかなり永遠のテーマだと思います。

私は、30年間ずーっとぱっつんに近い前髪で生きてきましたが、30歳を迎えてから人生初の前髪なしにトライし、そして、前髪なし人生を謳歌していましたが、先日また前髪ありに戻って、それはそれで大満足しているところです。

前髪なしにしてから前髪ありにして気づいたのは、「あり」か「なし」かの二択ではなくどんな前髪にするのかが大事ということです。当たり前ですみません(><)

なぜ30年間「前髪あり」だった私が前髪をなくそうとしたか

セルフカットの限界を感じた

恥ずかしながら、「前髪あり」の時私はセルフカットで切っていました。美容室で3か月に1度くらいは切ってもらいますが、その間はセルフカットで切っていたのです。

私の行っている美容室は前髪カットは500円でしてもらえるのですが、なんとなく行くのが億劫で(未就園児の子供がいるとなかなか時間がとれません)家でセルフですませていました。

でも…上手な人は上手だと思いますが、うまくもないセルフカットはアラサーにはきつい…

おしゃれなママは前髪なし!?

おしゃれなママって素敵だなと憧れていて、お店やテーマパークでぼんやり観察していると、おしゃれママは前髪なしの人が多いように感じました。

それで、よしっ!私もおしゃれなママになるぞ!と思ったのもきっかけの1つです。

実際、前髪なし=おしゃれ とは言い切れない気がします。

とにかくなんだか前髪ありが似合わない

これは、20代後半のアラサーに入った頃から自分で感じていましたが、なんだか前髪ありの違和感が…(←セルフカットの悪影響は大きいと思われる)

そして、

前髪をなくして感じたメリット

・視界が広い

・前髪の寝癖に悩まなくてよい

・家事の時邪魔にならない

前髪をなくして感じたデメリット

・おでこのしわが目立つ

・顔が大きく見える?

・生え際の数本の白髪が目立つ

悪かったことはあげましたが、前髪なしだと本当に視界が広くなった感じで、なんかきれい系になった気がして(自己評価)、すごく満足していました。

それでも、約1年ぶりに前髪ありに戻ったのですが、その最大の原因は、生え際の白髪が目立つことでした…。

なぜか生え際に生えてくる白髪!!まだ白髪染めをするほどの本数でもないけど、けっこう目立つ。そこで、どんな前髪にしようかかなり考えてから美容室で切ってもらいました。

前髪なしから前髪ありにする時のオーダー

顔の形や雰囲気などによって、似合う前髪は千差万別だとは思いますが、今回このようなオーダーでとても満足のいく前髪を作ってもらうことができました!それは、

ゆうこりん小倉優子さん)のような片方の目の位置で分けられる斜め前髪

・長さは料理などで下を向いた時に邪魔にならない長さ

・家事中は結ぶことが多いのでナチュラルな触覚ありで

です!!

このオーダーでとても満足のいく前髪になりました。

気付いたこと

・30代になったから前髪ありが似合わなくなったわけではない

セルフカットはかなり上手な人以外禁止

・前髪ありが似合わなくなった気がするけど前髪ありが好きな人は、一旦長く伸ばしてリセットしてから美容室できれいに切ってもらうと似合うようになるかも

・前髪なしの爽快感はくせになる