カラコンをやめる4つの方法

約10年間お世話になったカラコン(カラーコンタクトレンズ)、やめたいけどやめられないを繰り返しながら、ついに卒業しました!

20代の頃、カラコンでかわいいは作れる!と確信してから、どっぷりカラコン生活にはまっていて、カラコンなしの自分は恥ずかしいとさえ思っていました。

しかし、30歳を過ぎたあたりから、

カラコンをしていると目がこわい!?(目の表情に乏しい)

・顔の中で目だけが違和感がある!?

と思い始め、そしてある日友人と話している時に、

カラコンなしの瞳ってきれい!!

と思ってから、カラコンをやめようと決意しました。

そして、カラコンをやめてみてわかったことは、家族や友人など誰もカラコンをやめたことに気づいていないということでした。

もしも、カラコンをやめたいと思っていて、カラコンをやめるのが不安でも、大丈夫です!!

カラコンをやめるための方法

1.カラコンの使用頻度を下げていく

まずは、カラコンをつけた自分に見慣れたことで起こる、カラコンなしの自分に対して感じる違和感を消すために、友人と会う予定がある時やおでかけの用がある時以外のふつうの日は、透明コンタクトですごすことにしました。

いきなりカラコンをすっぱりやめようとすると、カラコンが恋しくなってまたどっぷりはまってしまったりするので(経験あり)、自分に対して使ってもいいんだよ~という優しさは残しつつカラコンの使用頻度を下げていきます。

カラコンを外して、3日くらいはかなり違和感が強いですが、大丈夫です!!慣れます!!

2.メイクの研究をする

カラコンによる目力アップ効果は絶大ですが、目力をアップさせるものはカラコンだけではありません。

・まつ毛を強調する(まつエク、つけまつげ、まつ毛美容液、マスカラ、ビューラー)

・目のふちを強調する(アイライン、アイシャドウ)

ということでも、目力はアップすることができます。

ちなみに私は、ビューラーとマスカラを使用することでお手軽に目力アップを図っています。

3.瞳の美しさを感じる

これは、気持ち的な部分ですが、気持ちの壁を越えることはカラコンをやめるために、とても大切なことだと思います。

カラコンに戻りたくなる時カラコンの自分の方がかわいい、美しいと思う時だと思うので、透明コンタクト(もしくは裸眼)の瞳の色やその透明感のきれいさを感じると、カラコンにはない良さを感じられると思います。

4.三白眼対策には意識して目で笑う

カラコンをはずすと、まず黒目の小ささに驚きます。

そして、三白眼になりやすく目つきが悪く見えがちな気がしますが、これは目を大きく見せようと目を見開くことで起こりやすいです。

目を不自然に見開かずに、涙袋のあたりを意識して目で笑うような優しい目元でいるよう気をつけると、優しい印象になり三白眼が気になる事もなくなります!

 最後に

以上のことを行うことで、今ではカラコンなしの自分も好きになり、カラコンなしで過ごすことができるようになりました。

結局一番の肝は、カラコンをしていない自分に慣れられるかどうかの、気持ち的な問題なのだと思いました。

カラコンがやめたくなったらぜひ試してみてください。