トイレブラシなしのトイレ掃除の方法

トイレブラシは、さっと取り出して汚れをこすることができ、トイレ掃除の定番アイテムです。

しかし、トイレブラシホルダーに

収納されたトイレブラシは乾くこともなく、非常に不潔なものでもあります。

床に置く場合、見た目がすっきりしないという欠点もあります。

私も、これまで何度かトイレブラシなしの生活をしたり、また買ってみたりしながら、今はトイレブラシがない状態に落ち着いています。

それでは、トイレブラシなしの場合、どのように掃除するのか、その方法を紹介したいと思います!

1.化学の力に任せる

塩素系のこすらないでOKな洗剤を使うと、ブラシがなくてもかなりきれいな状態を保つことができます。私は、スクラビングバブルから出ている超強力トイレクリーナーを使ったことがありますが、もうこれだけで大丈夫かもと思えるくらいきれいにできました。ただし、やっぱり、ふち裏までしっかりはかけにくく、ふち裏に固まった尿石は塩素の力では落ちずに、その点が課題だと思いました。ちなみに、スクラビングバブルの超強力クリーナーは、裏面に書いてある説明と違う使い方ですが、トイレの水を流した後に、トイレの水に一滴と、水が溜まってないところに一滴たらすだけでも効果はありました。(メーカーの提示している使用法と異なるので行う場合は自己責任で)

2.使い捨てれるたわしやブラシなどでこする

100円ショップで売っているシート状のナイロンたわしを小さく切ったものや、使い古した歯ブラシでこするという方法です。これは、掃除はきれいにできますが、トイレを掃除したナイロンたわしや歯ブラシというゴミが出るので、それをゴミ箱に捨てるのが嫌な場合は難しいです。そして、この方法で掃除してもやはりふち裏の尿石がない状態を保つことはできませんでした。

余談ですが、今はふち裏なしのトイレがあるんですね。実際に見てびっくりしました。かなり掃除しやすそうです!我が家のトイレをリフォームする時にはふち裏なしにしたいなー。

そして、これまた余談ですがTOTOからは、食器用洗剤をいれる場所があり、そこに食器用洗剤をいれると洗剤でトイレを洗浄してくれるという商品も出ています。

トイレ掃除いらずのトイレができる日も近いかもしれませんね。

 

本題に戻りますが、1.2.の方法で解消できなかったふち裏の汚れに対して考えたのがこちらです。

3.耐水サンドペーパーでこする(陶器限定)

これは、陶器のトイレ限定の方法です‼︎現在は樹脂製のトイレもあるので、必ず材質を確認してから行ってください。

また、メーカー推奨の掃除法ではないので、自己責任で行ってください。

我が家のトイレの、ふち裏の汚れが落ちず、トイレの尿石を落とすやすりのようなものをホームセンターで買ってくると、効果あり。そして、そのやすりは、かなり目が粗くてザラザラしているものだったので、これは耐水サンドペーパーでいけるのではと思い、始めた方法です。1000番のサンドペーパーでこすってみると、ふち裏尿石落ちました!!

ついでに、便器の水が溜まっている部分の境目にも少し指で触るとわかる汚れ(水垢のような白い硬い感じのもの)がついていたので、こちらもこすってみると落ちました!!

 

よって、トイレブラシなしのトイレ掃除では、毎日塩素系の洗剤を使用し、たまに耐水サンドペーパーでこするという方法で、きれいなトイレを保てると思います。