タオルが臭くならない方法

手を拭いたり、お風呂上りに体を拭いたりと日常生活の中で毎日登場するタオル。

新しいうちは、ふかふかできれいですが、使い続けてるとだんだんいやなにおいがしてきます。

我が家では、「アタックNeo抗菌EXダブルパワー」を使うようになって、以前よりはタオルのにおいが気にならなくなりましたが、やはり古いタオルは、雨の日など嫌なにおいを感じます。

そこで、臭くなったタオルは・・・捨てます!というわけにもいかないので、タオルが臭くならない方法について紹介したいと思います。

【ニオイがする前の対策】

1.抗菌加工の施されたタオルを購入する

  タオルの嫌なにおいは、雑菌の繁殖が原因なので、抗菌加工のタオルを購入することで、嫌なにおいを防ぐことができます。ただ、抗菌加工はいつまで続くのかは疑問です。

2.使用済みのタオルは洗濯までの間干す

 タオルを使ったら洗うまでの間も濡れたままにせず干し、とにかくタオルの中で雑菌が繁殖しないようにします。しかし、我が家ではこの方法は採用していません。使い終わったタオルを次の日まで干しておく場所がなく、わざわざ作るほどのメリットもないように感じるからです。

3.洗濯後は素早く乾かす

 これも雑菌の繁殖を抑えるために、洗濯後は早く乾かすことをこころがけます。室内干しであれば浴室乾燥を利用したり、除湿機、扇風機を使うことが乾かす時間を短縮できます。

 

【ニオイがしてからの対策】

1.酸素漂白剤につける

 これは、我が家でも採用していて一番おすすめの方法です。粉末の酸素漂白剤を用意して、60度のお湯に溶かし(ここポイントです!)つけこむと、どんなに臭かったタオルのニオイもきれいさっぱりなくなります!衣類のシミもとれるので、(ただし素材によっては使えません)、一時は毎日タオルは酸素漂白剤につけていましたが、ひとつ欠点があります。我が家では柔軟剤を使っていないので、毎日使うとタオルが硬くなってきてしまいました。柔軟剤を使うと和らいだので、柔軟剤を使うのであれば大丈夫です。私の感覚では、2週間に1度くらい酸素漂白剤につけるだけでも、タオルのニオイなく保てます。

2.お湯で煮る

 熱湯で煮沸消毒するという方法です。この方法も効果は抜群のようです!しかし、我が家にはタオルを煮てもいい鍋がなく、そのための鍋を購入する気にはなれなかったので、まだ実際にしたことはありません。鍋は必要ですが、漂白剤を使わずに消毒できるので、より安心で安全な方法とも言えると思います。

 

以上、タオルが臭くならない方法でした!

ちなみに、うちのタオルは4年以上使っているものばかり・・・なかなか好みの厚さと生地のタオルを見つけられなくて、また良いと思うタオルはお値段的に手が届かなかったりと。使用頻度により全く違うとは思うけど、タオルってどれくらいで交換すべきなんだろう。