画鋲の穴をきれいに消す方法|コーキング材とスポンジで簡単補修!

画鋲の穴をきれいに消す

壁に開いた画鋲の穴、小さいですが気になりませんか?

我が家は持ち家なので、壁に穴を開けないようにと思っていましたが、

やはりカレンダーやホワイトボードなど、画鋲を使って掛けています。

画鋲を刺している間はいいのですが、画鋲を抜くと…

やっぱり穴は目立ちます( ̄ロ ̄lll)

画鋲の穴を消したいきれいに元通りにしたいと思っていたところ、

コーキング剤を使っていたらとってもきれいに補修できたので、その方法をご紹介したいと思います!

用意するもの

コーキング材

私が使っているのは、壁紙のすき間を埋めるコーキング材で「かべシール」という商品です。

家の近くのホームセンターで購入しました。

>>>壁紙の隙間を埋める!コーキング材で簡単きれいに補修!【DIY】

ちなみに、私は使ったことがありませんが、クロスの穴うめ用の補修材もあります。

amazonのレビューを見る限り、こちらも使い勝手は良さそうです!

スポンジ

スポンジは、余分なコーキング材を拭くのに使います!

これは100円ショップで7個で100円で売られているスポンジです。

このスポンジを…

ネットを外し、

使いやすい大きさに切ります。(使用後のスポンジは捨てなければいけないので、大きいともったいないです!)

これはだいたい4cm×3cmくらいです。

方法

こちらが、今回消す画鋲の穴です!

画鋲の穴にコーキング材を塗る

画鋲の穴にコーキング材を塗ります。

チューブを押してコーキング材を押し出し、穴の上にのせる感じです。

スポンジで余分なコーキング材を除去する

コーキング材を塗ったらすぐに、濡らして絞ったスポンジで、

軽くトントンと叩くようにし、余分なコーキング材を除去します!

そして…じゃんっ!

消えました!と思ったら…若干へこみが残っていますね。

もう1度コーキング材を塗って、スポンジで拭きとります!

すると…

じゃんっ!!!

よーーーく見るとわかりますが、壁紙の模様になじんで、

少し離れると全くわかりません!

きれいに画鋲の穴は消えました!

before

after

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます!

実は、画鋲の穴を消したい!と真剣に思ったのは…

我が家で新築間もない頃に行った父の還暦祝いの飾りつけで、大量の画鋲の穴を作ってしまったからでした。

テープで貼れば大丈夫だろうと思っていた飾りは、テープでは重みに耐えきれずに、

時間がなくて焦った私と夫はとりあえず画鋲で固定することに。

無事にお祝いが終わって画鋲を抜いてみると、リビングの1番目立つ壁に大量の画鋲の穴が!!

新しくてきれいな家だったのにと、とても悲しくなりました。

でも、画鋲の穴を消す方法を色々と調べてこの方法を見つけてからは、

画鋲の穴が怖くなくなりました!

画鋲の穴でお困りの方は、ぜひお試し下さい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です