初節句食事会の準備はこれでOK

子どもが生まれると、お宮参り・お食い初め(100日)・初誕生など、お祝いごとがたくさんありますね。

特に1人目の場合だと、慣れない育児で手いっぱいなのに、お祝いごとの企画までしなければいけないなんて…と、

お祝いで嬉しいというよりも、私は負担に感じていました…

しかし、初節句のお祝いとして雛人形あるいは兜・五月人形・鯉のぼりを頂いている場合は、そのお返しとしての食事会なので、食事会を開くかあるいはお祝いのお返しをした方が良いですね。

準備は大変ですが、祖父母等を招いてきちんとお祝いをすると、ちゃんとできた!という達成感があり、終わるととてもすっきりしました!

(もちろん、親子だけでお祝いをして、お祝いを頂いた分はお返しをするという形でも良いと思います^^)

初めての初節句祝いの準備は何から始めればいいの?と心配だと思いますが、

この記事に沿って準備をすれば、全て無事に終えることができるはずです!

それでは、初節句食事会の準備についてお伝えします!

1.初節句の食事会について知る

初節句の食事会とは?

初節句とは、生まれて初めて迎える節句のお祝いです。

女の子は3月3日の桃の節句に、男の子は5月5日の端午の節句に、健やかな成長を願ってお祝いします。

女の子は雛人形、男の子は五月人形や兜や鯉のぼりを飾ります。

いつ行うのか?

生まれて初めての節句の日に行うものですが、生後間もない場合は翌年に行っても良いそうです!

また、節句の日(女の子なら3月3日、男の子なら5月5日)に必ず行わなければいけないわけではなく、その前後のお日柄の良い日などに行えば大丈夫です。

初節句のお祝いとして食事会をする場合は特に、赤ちゃんの負担が大きくならないように、赤ちゃんの成長具合を見ながら、日程を決めたらよいかと思います。

食事会をする?しない?

これは、夫婦で話し合って決めるのが一番だと思いますが、食事会をするか迷っている場合は、ご両親(子どもからみて祖父母)に相談するのも良いと思います。

祖父母が遠方に住んでいたり、仕事や健康上の理由でこれない場合は、招待される側の負担もあるので、しなくても良いかもしれません。

ただし、中には孫のお祝いごとを楽しみにしている方もいるので、一度話しておいた方が後々トラブルになることが避けられると思います。

2.食事会をしない場合に行うことについて知る

様々な事情から、食事会をしないという判断をした場合にすることです。

雛人形 or 兜(五月人形、兜)は用意するのか?誰が用意するのか?を明らかにしておく

誰が用意するかについては地域によって違うようで、

「女の子の場合は母方の祖父母、男の子の場合は父方の祖父母」というケースや、

福岡県に住む私は、夫の両親に確認したところ

「女の子でも男の子でも母方の祖父母が用意する、父方の祖父母は祝い金を送る」

ということだったので、これも不明な場合は双方の親に聞いておくのが望ましいと思います。

自分で買う場合

雛人形であれば、このようなタイプが片づけも簡単で、リーズナブルです!

床の間がある場合は、「ケースなし」のタイプを選択してもよいですね。

転勤族の方など、置く場所がない!という方はこのような小さいタイプもあります。

 

兜・五月人形もコンパクトなものがあります

 

家族のみでお祝いをした場合

親族が遠方で来れないなどのケースで家族のみでお祝いをした場合は、

お祝いをいただいている場合はお返しを送り、写真や手紙を添えるとよいと思います。

(しかし!子どものお祝いごとは本当に大切だと思う一方で、育児は本当に大変なので、写真や手紙を送ったりは、しなければならないというよりも、できたらするくらいでいいと思います)

3.食事会をする場合の準備について知る

自宅で行うか、自宅以外(ホテル、和食料理店などのお店)で行うか決める

自宅で行う場合と、自宅以外で行う場合のメリット・デメリットについてまとめてみました。

私自身は、初節句のお祝いは自宅でしましたが、初誕生のお祝いはホテルの個室で行ってみて、それぞれの良いところ悪いところを実感したので、どちらが良いとは一概に言えないと思いました。

自宅で行うメリット

・子どもが体調不良やぐずったりしていても気にしなくてよい

・オムツ替えや授乳などのもいつもの場所でいつものペースでできる

・予算を抑えることも可能

自宅で行うデメリット

・家の片づけをしなければならない

・会場のセッティングや後片づけが必要

・料理を配ったり飲み物をついだりで忙しく、なかなか座って食べられない

自宅以外で行うメリット

・後片付け不要で、食事の世話はスタッフの方がしてくれるのでゆっくりできる。

・飲み物もその場で注文すればOK

自宅以外で行うデメリット

・授乳やおむつ替えスペースがない場合がある(場所を選ぶ際にチェックする)

・子どもの体調が悪かったりで、機嫌が悪い場合にゆっくりできない

・予算が高くなりやすい

・時期によってはなかなか予約がとれない

日程を決める

節句の日(女の子は3月3日、男の子は5月5日)の前後で、皆の都合が合う日で決めるとよいです。

ここで注意点ですが、女の子の桃の節句は4月3日する地方もあるので(うちがそうでした)、これも確認しておいた方がいいです。

また、ホテルの個室などは、数が限られているので、土日でお日柄の良い日(大安など)を選ぶと、2か月前でも予約がいっぱいということもあるので、早めに決めておいた方が良いです。

招待する人を決める

昔は、出産祝いをいただいた人を招待したりもしていたそうですが、実際は大勢の人を招待するのは難しいですね。

まず、食事会を開くと決めた場合に呼ぶのは、祖父母(赤ちゃんからみた)だと思います。

一般的に優先される順番からあげていくと、

1.祖父母(赤ちゃんからみた)

2.曾祖父母(赤ちゃんからみたひいおじいちゃん・ひいおばあちゃん)

3.叔父・叔母(赤ちゃんの親の兄弟)

4.その他の親族

5.その他親族以外でお世話になっている人

だと思いますが、個人的には祖父母だけでも十分だと思います!

人数が増えると、日程の調整が大変になってくるので、そのあたりも考慮するといいと思います。

また、当日どのようにして来るのか、迎えが必要な場合は迎えに行くことができるか、といった点も考えておいた方がいいですね!

ケーキを用意するか決める

いきなりケーキ!?という感じですが、私の経験上お祝い=ケーキと考える人も多いようで、我が家の娘の初節句のお祝いではケーキを用意しました。

息子の時は、柏餅を用意してその場で皆で食べることにしたので、ケーキは用意しませんでした。

ケーキを用意するにあたって、

・自宅の場合は、予約をする、当日に取りに行く、という作業が必要となります。

・自宅以外の場合は、

1.ホテルやお店で用意してもらう

2.ホテルやお店に持ち込む

という2つの方法がありますが、ホテルやお店でケーキは頼めない場合もあります。

また、持ち込みの場合、持ち込み料をとられる場合もあるので、注意してください!

(私が問い合わせたあるホテルでは、ホテルにケーキを頼むと約5000円で、持ち込みの場合「カット代」という名目で5000円必要と言われたことがあるので、ご注意ください!)

柏餅・菱餅を用意するか決める

私は、自分の子どもの初節句をするまで知りませんでしたが…桃の節句には菱餅、端午の節句には柏餅を食べる風習がありますね!

なので、この柏餅・菱餅を用意するかも決めておきましょう。

柏餅は、お餅屋さんで注文したり、和菓子店でも手に入ります。

スーパーの和菓子コーナーにも置いてあったりしますね!

菱餅は、お餅屋さんで注文したり、和菓子店においてあったりもしますが、柏餅に比べて出回ってないようなので、通販で購入するのも良いと思います!

 

手土産を用意するか決める

お祝いに対するお返しは、食事会を開くこと自体がお返しなので、手土産は用意しなくてもかまいません。

手土産を用意する場合は、

1.柏餅・菱餅

2.桃の節句や端午の節句にちなんだお菓子

3.節句とは特に関係がないお菓子

4.赤飯や鯛など

などが選択肢としてあがると思います。

ちなみに、我が家は手土産は用意しませんでした。

服装を決める

招待する人の服装、自分たち(子の両親)の服装、子どもの服装について、決めておく必要があります。

1.招待する人の服装

これは、基本的に何も言わなくてもOKだと思いますが、例えば片方の両親がスーツで来て、もう一方の両親が普段着であった場合、お互いに気まずいですよね。

私の場合は、夫と話し合い、それぞれの両親に「スーツでなくてOK」ということを伝えておきました。

2.自分たちの服装を決める

特にお店で行う場合は、スーツを選択する方もいるようですが、子どもの世話をしながらなので、スーツでなくて良いのかなと思います。特に授乳中だとフォーマルは難しいですよね。

自宅で行う場合は、本当にいつも通りの普段着でもいいと思います!

無難なのは、男性はシャツにきれいめのパンツ女性はブラウスにスカートorワンピースなどの、ちょっとよそいきの恰好だと思います。

3.子どもの服装

子どもに関しても、まだ小さいのでいつも通りの服でも大丈夫です。

ただ、せっかくなので何か着せたい!という場合は、衣装を用意するのもいいと思います。

私は、息子・娘共に衣装を用意して、初誕生と初節句とお正月に着せました。

予算

ここでは、両家の祖父母を招待し、大人が6人子どもが1人の場合を想定して、予算を組んでいきます。

・料理代(仕出し)大人5,000円×6

・飲み物代 約5,000円(ビール、日本酒、ジュース、お茶)

・ケーキ 3,500円

ここまでで、合計38,500円です!

・柏餅or菱餅 1,000円~2,000円

・手土産 1,500円×2(夫婦で1つ)

・子どもの衣装 2,000円~3,000円

これらを合わせると、最大で46,500円となるので…

おおよそ5万円程度を目安に用意するといいと思います!

もちろん、食事は3,000円程度から見栄えがするものもあるので、

衣装や手土産、ケーキなどを用意せずに行えば3万円以内で行えると思います!

大事なのは、子どもや親(自分)の負担がきつくないことで、楽しくお祝いができることなので、あまり形式にはこだわらなくていいと思います。

4.自宅の場合の準備をする

食事の手配をする

自宅で行う場合には、仕出しをたのむのが一番確実で手っ取り早いと思います。

近くに仕出し店がない場合や自分で用意したい場合は、

焼き鯛 + 刺身 + 天ぷらや唐揚げなどおかず + 赤飯

などがよいと思います。鯛やお赤飯が出てくると、お祝い感がでますね。

また、寿司の宅配を取るのもいいと思います。

子どもの食事は、まだ離乳食の場合が多いと思うので、いつもの離乳食でOKです。

仕出し店では子どもようの食事も取り扱っている場合が多いですが、1歳くらいまでの子どもが食べれるものはなかなかないようです。

飲み物を手配する

飲み物は、

・お酒(ビール、焼酎、日本酒、ワインなど)

・お酒以外の飲み物(お茶、水、ジュース)

・食後の飲み物(コーヒー、緑茶)

を考えておくと万全です。

飲み物は種類を多く用意すると金額も大きくなり大変なので、乾杯のビール、お茶、食後のコーヒーだけでも十分だと思います!

5.自宅以外の場合の準備をする

ホテル、お店を決める

会場は親族を招いての食事会なので、個室が望ましいです。

・お昼に営業している(和食料理店などで夜のみの営業の場合もあるため)

・個室がある

・祝い膳やそれに準じた懐石料理がある

・子どもに対応している(椅子など)

・アクセスはよいか(招待した人も含めて皆行けるか)

・授乳やオムツ替えは可能か

という点を考えて選ぶといいと思います!

お店やホテルをネットで探す場合、例えば地域が〇〇市で探したい場合、

初節句 食事会 〇〇市×

だとなかなかでてきません!!

結納 食事会 〇〇市

食事会 個室 〇〇市

などの方がいいです!

結納プランがあるお店では、結納に親族の子どもが参加することもあるので、

子どもOK、メニューに祝い膳あり、個室あり という具合に、初節句の食事会にも使えるところが出てきます!

ホテル、お店の予約をする

予約をする前に、まず日程を決める(できれば第2第3希望まで)参加人数をはっきりさせるということを終わらせておきましょう。

参加人数に関しては、1人くらい減っても予約に支障がないことが多いので、まだ返事をもらえてない場合は多めに伝えておきましょう。(2~3人以上減るとテーブルや部屋が変わる場合もあるのでご確認ください。

上に書きましたが、ケーキを持ち込みorたのむ場合も予約の電話の時に聞いておくとスムーズです。

  電話予約で伝える事・決める事・確認しておくこと

・日時

・人数

・個室で初節句のお祝いをしたいこと

・メニュー

・ケーキのこと

・予約がとれる場合、部屋の形態(靴であがるのか座敷なのか)

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます!

長くなりましたが、子どものお祝いは最低限しなければならいと思うところだけすれば、大丈夫です!

食事会を開くと決めたら、料理を手配して開ければそれだけでも十分です!

子どものお祝いごと、大変ですが、子どもの成長は本当に嬉しいものですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.