ミニトマトの簡単な支柱の立て方!おいしいミニトマトを食べよう!

ミニトマトの支柱の立て方

ミニトマトは、初心者でも簡単に育てやすく、おいしいミニトマトがたくさん収穫できる

素晴らしい野菜ですね!

私は、いくつかの野菜を家庭菜園で育ててみましたが…ミニトマトは最高です!!

初心者に易しいミニトマトの栽培ですが、支柱の立て方で困っていませんか?

1度覚えれば簡単ですが、私もミニトマトを始めて栽培した時は、

・どの支柱を買えばいいの?

 

・支柱はいつ立てるの?

 

・固定のはどれを選べばいいの?

 

結び方は?

と、支柱に関することでつまづきました…

でも、大丈夫です!!

家庭菜園初心者で不器用な私にもできた、簡単な支柱の立て方についてご紹介したいと思います!

ミニトマトの支柱はいつ立てる?

ミニトマトの支柱は、苗を植え付けるのと同時に立てましょう!

ミニトマトは自立できないので、強い風で茎が折れてしまう場合があります。

MEMO
おいしいミニトマトをたくさん収穫したいなら、「種」ではなく「苗」一択です!種から育てると一気に難易度が上がります。

ミニトマトの支柱の選び方

支柱の長さ・高さは?

ミニトマトはまっすぐ育てると高さ150cmくらいまで育ちます。

土に20cm以上は埋めた方が安定するので、土に埋める長さも考えて、

180cmの支柱がおすすめです!

MEMO
あんどん仕立ての場合は横に誘引して高さを低く抑えることもできます。

今回ご紹介する簡単な支柱の立て方には180cmがおすすめです!

支柱の太さは?

支柱の太さは、長さに応じて太くなっていきます。

180cmの支柱だと直径15~20mm程度です。

ミニトマトは実をつけるので、15mmくらいはあった方が曲がる心配がないと思います!

ミニトマトの支柱の立て方

一般的な支柱の立て方の種類

ミニトマトの支柱の立て方には、上の図で示している3本仕立てあんどん仕立てあります。

3本仕立てやあんどん仕立てにすると、茎を複数誘引することができるので、たくさん収穫しやすくなります。

でも、ちょっと立てるのが難しそうだし、1本の苗に対してスペースがいるんですよね。
(我が家の菜園スペースは狭いです。)

とにかく多く収穫したい!という方は挑戦してみて下さい!

続いて、簡単にできるおすすめな1本仕立てを紹介します!

おすすめの1本でできる簡単な方法

私がおすすめする簡単な方法は、1本仕立てです。

支柱を1本立てるだけという最も簡単な方法です♪

苗から少し離して、支柱をしっかり埋め込みましょう。

倒れるのを防止するために

しっかり深く土に刺せば、支柱はおそらく倒れないと思いますが、ちょっと心配な方は、

支柱と支柱をジョイントすることをおすすめします!

↓このままだと倒れないか心配なので…

↓このクリップと支柱をもう1本用意します。

そして、パチンとはめこむと↓

このように↓支柱を固定することができます!!

この時のポイントですが、横向きの支柱の前後に交互に固定することです!

言葉だとわかりくいですが、下の図のような感じで固定しました。

これで、強風でも倒れにくくなると思います^^

ミニトマトを支柱に固定する方法

紐の選び方

支柱とミニトマトを結ぶ紐は、麻紐がおすすめです!

麻紐はミニトマトの茎を傷つけず、きちんと固定できます。

紐の結び方(縛り方)

紐は8の字に結びます。

この時注意するのが、ゆる~~~く結ぶこと!

最初にミニトマトを育てた時に、自分なりにゆるく結んだつもりでしたが、

ミニトマトが育つと茎はどんどん太くなっていくので、気づくと茎に紐が食い込んでいる状態になっていました…。(ミニトマトさんごめんなさい)

茎を傷つけないために、紐はゆるく結びましょう!

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます!

最初にミニトマトを植えた年は、わからないことばかりであり、

支柱など苗以外に買わないといけないものもたくさんあったので、

「こんなに大変ならスーパーのミニトマト買ってくる方がよかった…(_ _)」

とも思いました。

でも!!最初の年から、おいしいミニトマトはたくさん収穫できて、大満足でした。

うちの娘と息子はミニトマトが大好きなので、今年も収穫が楽しみです。

私は虫が苦手ですが、ミニトマトは虫もつきにくい(葉には多少来ますが、実にきたことはありません)ので、おすすめです!

これからミニトマトを育てる方のお役に立てれば幸いです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です